2017.07.23更新

「 デジタルパーマの失敗された 」

「 デジタルパーマ失敗してやり直し、かけ直した 」

「 デジタルパーマの失敗でストレートをかけたりパーマ落としをした 」

 

とお客様から相談、お話しを聞くことがありますが・・・ 。

 

そもそもデジタルパーマの失敗は絶対しません。

 

ただし

 

《 カット技術 》 と 《 デジタルパーマ知識 》

 

の質が高ければ。 です!!

 

 

 

 

※ 失敗の例と原因は何か!?

【デジタルパーマ失敗】 やり直し!? そもそもデジパ失敗しません。 

 

 

 

失敗されてパーマ落とし、やり直したり、ストレートをかけた方の例を挙げると

 

 

・すぐ取れてしまった

 

・扱いづらくなった

 

・かかっていない

 

・かかり過ぎてる

 

・チリチリになった

 

・ごわついて手触りが悪い

 

・結局コテやアイロン、ブラシを使わないとセットが決まらない

 

・乾燥してパサパサになった

 

・ダメージで切れてしまう

 

 

など様々なことが挙げられます。

 

 

 

失敗の原因は何か ・・・?

 

 

 

薬剤設定 温度設定 放置時間 ロッド設定 ・・・

 

など様々な原因の可能性が挙げられますが・・・

 

 

原因のほとんどは 【 カット 】 です!!

 

 

 

 

※ なぜカットが原因なのか!?

【デジタルパーマ失敗】 やり直し!? そもそもデジパ失敗しません。 

 

 

 上記で挙げた原因をまとめると

 

「 かからなかった 」 「 かかり過ぎた 」 「 ダメージが出た 」

 

この3つに分類されると思います。

 

 

 

 

少ないデメージでデジタルパーマをかけるには

 

《 ダメージの少ない刺激の弱い薬剤 》  《 低温 》

 

このが2つがパーマ施術では ” 絶対条件 ”

 

 

これはデジタルパーマの知識がある美容師なら知っている事。

 

 

2つの ” 絶対条件 ” を知っていても失敗するのは

パーマをかけるベースのカットが原因だからです。

 

 

 

いくつか例を挙げてみると

 

 

◆ パーマがかからなかった場合

 

この場合予想されるのは 「 かかりにくい髪質 」 ということ。

 

「 かかりにくい髪質 」 は確かにあります。

 

しかし 「 かからない髪質 」 はありません。

 

 

 

〇 「 かかりにくい髪質 」 の場合

 

 

多くの美容師は 《 強い薬剤 》 を選択します。

 

それでは ” 絶対条件 ” から外れてしまいダメージが出て失敗します。

 

 

 

では何を変えるか・・・ 《 カット 》 です。

 

「 かかりにくい髪質をかかりやすくカットでベースを作る 」 

 

これで ” 絶対条件 ” から外れずデジタルパーマがかけられます。

 

 

 

 

◆ パーマがかかり過ぎた場合

 

この場合予想されるのは2つ

「 かかりやすい髪質 」  「 ダメージを受けやすい状態 」 ということ。

 

 

〇 「 かかりやすい髪質 」 の場合

 

 

この場合 ” 絶対条件 ” を守れば大丈夫です。

 

 

それでも失敗した場合は

 

「 カットでダメージを受けやすい状態にされた 」 

 

ということ。

 

 

 

〇 カット前から 「 ダメージを受けやすい状態 」 の場合

 

 

例えば

・カラーやパーマを繰り返ししている方

 

 

この場合、髪の状態にもよりますが

” 絶対条件 ” から外れたら間違いなく失敗します。

 

” 絶対条件 ” を守っても状態によっては失敗します。

 

 

そこで大事なのがやはり 《 カット 》

 

 

 

「 ダメージを受けやすい状態 」 なのであれば

 

「 ダメージを受けにくくカットでベースを作る 」

 

ことが重要です。

 

 

 

この状態を作れれば 「 ダメージを受けやすい状態 」 でも

 

失敗もなく、少ないダメージでデジタルパーマがかけられます。

 

 

 

Luciroのカットは他店と全く異なるカットで髪のベースを作るため

ダメージが最小限でデジタルパーマの失敗がありません。

 

 

 

 

※ パーマを失敗しないカットとは!?

【デジタルパーマ失敗】 やり直し!? そもそもデジパ失敗しません。 

 

 

 

 上記のようにデジタルパーマを失敗するのは

パーマをかける前の髪のベースが悪いのが問題です。 

 

 

カットで失敗しないようにベースを作ってしまえば問題ありません。

 

 

 

◆ 髪のベースが悪いとはどのような状態か!?

 

 

悪い状態の例

 

・ レイヤー ( 段 ) が入り過ぎ

 

・ 毛先だけ軽い

 

・ 全体的に重い

 

・ ごわつき、パサつきなどダメージがある

 

・ 広がってまとまりが悪い

 

 

このような状態。

 

 

今ではありふれている 《 すきバサミ 》 を使ったカット、

《 すきバサミ 》 を使うと上記のように悪い状態になる危険があります。

 

 

《 すきバサミ 》 はハサミを入れたところから軽くなる

という便利なハサミではありますが

便利だと感じるのは使う美容師だけですよね ・・・ ?

 

 

ハサミを入れたところから軽くなるということは

量感のバランスがバラバラになるということ。

 

 

 

例えば

 

「 1回で50%量が取れるすきバサミ 」 を髪の中間で1回使うと

 

根元から中間まで毛量 100%

 

中間から毛先まで毛量  50%

 

という状態が出来上がります。

 

 

もちろん1回使っただけでは終わりませんよね!?

 

 

 

なのですきバサミを何回も使うと全体の毛量バランスは

 

「 根元から中間まで100% 、 毛先だけスカスカ 」

 

という状態が出来ます。

 

 

 

この状態でパーマをかけると間違いなく失敗します。

 

 

 

 

逆にすきバサミを使わず軽さを出さない場合パーマをかけても

 

・ かからない

 

・ かかりが弱い

 

・ すぐに取れる

 

 

という失敗があります。

 

 

 

だから美容師はかかりを良くしようとすきバサミで軽くするんです。

 

 

どちらにせよ 《 すきバサミ 》 を使えば

失敗のリスクは上がるだけですが ・・・ 。

 

 

 

◆ Luciroはすきバサミを一切使いません ◆

 

 

使わないからと言って軽くしない訳ではありません。

 

ハサミだけで細かく適切な量感のバランスを作っていきます。

 

 

そのため根元から毛先ににかけて

バランス良く均一に軽さがある良いベースが作れます。

 

 

良い状態のベースであれば

髪はしなやかに動いてまとまり、ツヤがあって

ブラシを使ってブローしなくてもハンドドライで綺麗にまとまります。

 

 

 

この状態までカットで作っておけば

デジタルパーマは絶対失敗しません!!

 

 

 

Luciroのカットは

 

「 髪質 」 「 骨格 」 「 顔型 」 「 顔のパーツ 」

「 クセ 」 「 毛量 」 「 全身のバランス 」 

更に 「 普段のスタイリング方法 」 「 ライフスタイル 」

 

に合わせてカットを変えていきます。

 

そのため様々なお悩みにも対応が可能です。

 

 

 

 

⇒⇒ 『 Luciroカット 』 の詳細はこちらからご覧になれます

 

 

 

 

カットで髪質は変えられます。

 

正しいカットで解決出来るお悩みはたくさんあります。

 

 

必ず違いを実感出来ると思いますので是非1度体験してみてください

 

 

 

実際にご来店して頂いたお客様からの口コミです *

 

美容室 口コミ

 

 

美容室 口コミ

 

 

その他の 『 口コミ 』 はこちらから!!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

〇 実際にお客様からいただいた口コミ 〇

 

 

 

 

 

 

【 今までの常識が変わる!? Luciroブログ 】

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

【  すきバサミを使わないLuciroのカット  】

 

 

 

今までのカットに満足出来たことはありますか!?

 

 

「 希望通りのヘアスタイルになれましたか? 」

 

「 悩んでいたことは解決出来ましたか? 」

 

「 ヘアスタイルはすぐに崩れずに長期間、持続しましたか? 」

 

「 美容室と同じスタイリングが家でも再現出来ましたか? 」

 

「 周囲の方々からの反応は好評でしたか? 」

 

 

 

お客様の様々なご希望、お悩みLuciroなら必ず叶え、解決致します!!!

 

 

山舘 裕輔

他店との違いを確実に実感出来る!!すきバサミを使わない『Luciroカット』

 

安本 有里

髪がチクチクする...すきバサミを使わないカットで解消♫

 

荒海 裕希

すきバサミを使わない美容院・すきバサミを使わない美容師のカットとは!?

 

 

 

 

 

 【 縮毛矯正をやめたいのなら必見 】

 

 

自分のクセ、うねりが扱えず頻繁に縮毛矯正をかけていませんか!?

 

かけ続けなければいけないと諦めていませんか!?

 

 

「 髪がゴワゴワになって硬くなった 」

 

「 髪のツヤがなくなってパサついて感じる 」

 

「 真っ直ぐになったけど不自然で違和感がある 」

 

「 ボリュームは収まるけどツンツンして動きが出ない 」

 

「 縮毛矯正をかける頻度を減らしたい 」

 

 

「 縮毛矯正をやめたい 」

 

 

このように感じているなら是非ブログをご観覧ください!!

 

 

山舘 裕輔

縮毛矯正をやめたいけど抜け出せずにずっとかけ続けている・・・

 

安本 有里

縮毛矯正をやめたい・頻度を減らしたい方必見*

 

荒海 裕希

【脱縮毛矯正】 本当に縮毛矯正をやめたい方*

 

 

 

 

 

「 絶対に失敗しないデジタルパーマ 」

 

 

パーマスタイルに憧れてパーマをかけた経験がある方は少なくありません。

 

しかし、希望通りにならずパーマに苦手意識がある方はたくさんいらっしゃいます。

 

 

 

「 かかっていない、すぐ取れてしまった 」

 

「 かかり過ぎてチリチリになった 」

 

「 ごわついて手触りが悪くパサパサになった 」

 

「 結局コテやアイロン、ブラシを使わないとセットが決まらない 」

 

「 広がって扱いずらい、まとまらない 」

 

 

Luciroにお任せいただければ理想のパーマスタイルをご提案致します*

 

 

 山舘 裕輔

【デジタルパーマ】2017‐2018ヘアスタイル*ロブ、ミディアム、セミロング、ロング*

 

安本 有里 

乾かすだけで決まる♪失敗なしのデジタルパーマ

 

荒海 裕希

【デジタルパーマ失敗】 やり直し!? そもそもデジパ失敗しません。 

 

 

 

 

 

「 柔らかく自然で頻度を減らせるストレートパーマ 」

 

 

2~3ヶ月に1度のペースでストレートパーマをかけていませんか!?

 

髪にもお財布にも大きなダメージですよね!?

 

 

「 ストレートパーマやめたいけどかけ続けないとまとまらない 」

 

「 クセやうねりが酷いのストレートパーマなしでは髪を下ろせない 」

 

「 ずっとストレートパーマかけ続けなければいけないと諦めている 」

 

「 ストレートパーマをかけるのは仕方ないけれど、頻繁にはかけたくない 」

 

 

 

 

半年に1度、1年に1度、ストレートパーマをかける必要がなくなった!

 

Luciroにご来店頂ければ今までの当たり前は変わります。

 

 

 

 山舘 裕輔

【ストレートパーマの全て・・】今まで「髪質」や「クセ」で悩んでいた方も自分の髪を好きになれる!

 

 安本 有里

毛先がツンツン...自然なストレートパーマをかけるには??

 

荒海 裕希

技術力でこんなに差が!? ストレートパーマを長持ちさせる方法!!

 

 

 

 

 

お客様からいただいた 『 口コミ 』 はこちらから!!

 

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

〇 実際にお客様からいただいた口コミ 〇

 

 

 

 

体験していただければ違いは実感していただけると思いますので、

ヘアスタイルのお悩みがある方、挑戦したい髪型がある方、

今の髪型に満足出来ていない方は是非Luciroにお任せください♫

 

下記のBlogからお悩み解決法などたくさんの情報がございますので、ご参考にしてください♪

 

 

〇 Blog 〇


 

スカスカ状態の毛先をカットで重く厚みを作ることは出来ますか!?

 

 美容室と同じスタイリングが簡単に乾かすだけで再現出来る*

 

髪の長さを切らずに髪型を変えられる!?

 

髪質を変える方法!!

 

【必見】「カット失敗された」「美容室で髪型失敗された」

 

【大好評!!】ショートカットが上手い美容室をお探しの方はLuciroへ*

 

美容室の本格ヘッドスパで頭皮のベタつき・臭い・フケを改善する!!!

 

Hot Pepper(ホットペッパー)に載っていないカットが上手い美容室*

 

【直毛メンズ必見髪型】 硬い髪を外国人風柔らか短髪ショートヘアにしたい!!

 

【必見‼】必ず似合う40代、50代のショート、ショートボブ、ボブ*

 

芸能人,モデルに大人気の『前髪』に注目!!

 


 

 

Luciro  MENU & PRICE

 

 

新規のお客様は全施術料金より20%OFFさせていただいています!


Luciroのweb予約は24時間受け付けております♪

お気軽にお問い合わせください♪

 

投稿者: ヤマダテ ユウスケ

facebookスタッフブログ