2017.11.29更新

【 くせ毛を生かした髪型 】 本当にくせ毛を生かしたい方*

 

 「 くせ毛を生かした髪型にしたい! 」

 という方はたくさんいらっしゃると思いますが

本当にくせ毛を生かすことが出来ていますか!?

 

カットをしてもくせ毛が上手く扱えなかったり

どの美容室に行っても縮毛矯正をすすめられる。

 

という方が多いのではないでしょうか??

 

 

「 くせ毛のカットが得意 」 「 くせ毛カットが上手い 」

「 くせ毛に特化 」 「 クセ毛専門店 」

と謳っている美容室 ・ 美容師はたくさんいらっしゃいますよね!?

 

 

「 くせ毛専門 ・ くせ毛が得意な美容師に切ってもらいました!! 」

 

という方にご来店頂く事がありますが

 

『 切ってもらってもくせ毛が全然扱えない!! 』 

 

『 高額なカット料金払ったのに ・・・ 。 』

 

 

という方は少なくありません。

 

 

 

※ くせ毛に特化 ・ 専門と言うが本当に得意なのか!?

【くせ毛を生かした髪型】本当にくせ毛を生かしたい方*

 

 

先日いらしたお客様も

 

「 クセ毛が扱えなくて困ってます。 」

 

という方でした。

 

 

話を聞いてみると

 

「 くせ毛専門の美容師 ・ くせ毛のプロに切ってもらいました 」

 

との事でした。

 

 

しかし

 

 

「 カットしてもらったがクセ毛が上手く扱えない 」

 

「 自分がやりたい髪型は無理だと否定される 」

 

「 料金が高すぎる 」

 

 

などの理由で通い続けるのを断念。

 

 

 

ネットで見つけたというくせ毛のプロフェッショナルに

切ってもらったヘアスタイルを見てみると

 

 

下手ではない!やろうとしている意図はわかる!

 

 

しかし

 

 

 

「 くせ毛を得意、専門にしているプロです! 」

 

と大きな声で言えるほどではない。

 

 

 

 

むしろこの仕上がりで

 

 

カット ¥ 10000 ~ ¥ 30000

 

 

の料金を取っていると考えると恐ろしい。

 

 

 

というように感じました。

 

 

 


そもそもくせ毛を得意・専門としている方の

カット料金が異常に高いのはなぜでしょう!?

 

 

 

 

今の美容業界のカットの仕方はありふれていて

「 クセ毛のカットが苦手 」 という美容師が多いのも事実です。

 

 

 

【 勘違いが多いくせ毛カット 】

 

・ 多毛 ・ くせ毛 ですきバサミでガンガン梳かれる

 

・ くせを活かすのは無理だと強い縮毛矯正をかけられる

 

 

 

このような施術をしてしまうと間違いなく扱いずらくなります。

 

すきバサミで軽くするとクセは出過ぎてしまったり

広がってパサついてしまいます。

 

 

元のクセを無視した強い縮毛矯正は

不自然にかかってしまったりダメージが残ってしまいます

 

 

 

 

【 くせ毛カットが得意と謳っている美容師のカット 】

 

 

・ 短くしたり軽くするとくせが出るので長めで重め

 

 「 長さと重みでクセを抑える 」

 

 

 

・ ナチュラルに縮毛矯正をかける

 

 「 ダメージの少ない薬剤で自然な縮毛矯正をかける 」

 

 

・ ショートカットで量を軽くしてムース ・ ワックスを揉み込む

 

 「 クセを活かせるように軽くしてスタイリング剤でパサつきを抑える 」

 

 

 

 

くせ毛カットが得意と謳っている美容師のカットは

大抵は上記のどれかに当てはまります。

 

 

 

3番目の

 

・ ショートカットで量を軽くしてムース ・ ワックスを揉み込む

 

この方法は 「 ショートカット 」 というのが条件 のようです。

 

 

 

理由は、軽くしてクセを活かすようにするカットの工程で

 

「 すきバサミ ・ レザー 」 が使用される

 

もしくは

 

すきバサミ等を使用しないで軽くしても繊細な作業が出来ない

 

 

そのため ( ロングではパサつき ・ 広がり が出る )

 

 

パサつき ・ 広がり が出ても

スタイリングでどうにかなるのが 「 ショートカット 」

 

 

というのが 「 ショートカット 」 でなくてはならない理由。

 

 

 

【 くせ毛カットが得意 ・ くせ毛専門 】

 

と謳っている美容師の 「 クセを活かした髪型 」 のブログ等を見ると

 

「 ショートカット 」 「 スタイリングバッチリ 」

 

もしくは

 

「 縮毛矯正をかけてクセをなじませている 」

 

 

のがほとんどです。

 

 

 

実際くせ毛の方は

 

「 ショートカットしか出来ない! 」 のか!?

 

「 クセを活かせず縮毛矯正しか出来ない! 」 のか!?

 

「 クセを押さえつける事しか出来ない! 」 のか!?

 

 

 

そんなことありません!!

 

 

 

くせ毛に悩んでLuciroにご来店頂いたお客様は上記のような

 

「 〇〇しか出来ない。 」

 

このようなことは一切ありません。

 

 

 

 

【 Luciroのくせ毛カット 】

 

・ 悪いクセを直して、いいクセを活かす

 

・ すきバサミを使わないで根元から量を取る

 

・ 無理なスタイリングはしない、乾かすだけでOK

 

・ ショート ボブ ミディアム ロング どの長さでもクセを活かせる

 

 

など様々なことが可能です。

 

 

 

 

しかし

 

Luciroはくせ毛に特化 ・ 専門にしているわけではありません。

 

 

「 くせ毛も得意! 」 「 直毛も得意! 」 「 カラーやパーマも得意! 」

 

全ての技術に自信を持ってご提供しているので

 

【 〇〇に特化 】 【 〇〇専門 】

 

というわけではありません。

 

 

 

 

お客様1人1人 《 髪質 》 《 骨格 》 《 ライフスタイル 》 は様々です。

 

 

Luciroはお客様1人1人の現在の状態に最も合わせた技術をご提供します。

 

 

 

 

⇒⇒ 『 Luciroカット 』 の詳細はこちらからご覧になれます

 

 

 

カットで髪質は変えられます。

 

正しいカットで解決出来るお悩みはたくさんあります。

 

 

必ず違いを実感出来ると思いますので是非1度体験してみてください。

 

 

 

実際にご来店して頂いたお客様からの口コミです *

 

高評価の口コミばかりで疑われますがリアルな口コミです 笑

 

 

 【本当に得意なのか?】くせ毛カットや縮毛矯正を得意・専門と謳っている美容室・美容師にカットしてもらったという方が来店したが、結局くせ毛が上手く扱えなくて困っていた。

 

【本当に得意なのか?】くせ毛カットや縮毛矯正を得意・専門と謳っている美容室・美容師にカットしてもらったという方が来店したが、結局くせ毛が上手く扱えなくて困っていた。
 

 

 

 

その他の 『 口コミ 』 はこちらから!!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

〇 実際にお客様からいただいた口コミ 〇

 

 

 

Luciro  MENU & PRICE

 

 

新規のお客様は全施術料金より20%OFFさせていただいています!


Luciroのweb予約は24時間受け付けております♪

お気軽にお問い合わせください♪

 

 

 

 

 

投稿者: ヤマダテ ユウスケ

2017.11.27更新

デジタルパーマをかけたがかかってない、かかり過ぎ、失敗・・デジパのやり直しをしたら更に大変なことに!!

 

「 デジタルパーマを失敗された 」

「 デジタルパーマを失敗してやり直し、かけ直した 」

「 デジタルパーマの失敗でストレートをかけたりパーマ落としをした 」

「 かかり過ぎでチリチリなった 」

「 全然かからなかった 」

 

とお客様から相談、お話しを聞くことがありますが・・・ 。

 

そもそもデジタルパーマの失敗は絶対しません。

 

ただし

 

《 カット技術 》 と 《 デジタルパーマ知識 》

 

の質が高ければ。 です!!

 

 

 

失敗の原因は何か ・・・?

 

 

 

薬剤設定 温度設定 放置時間 ロッド設定 ・・・

 

など様々な原因の可能性が挙げられますが・・・

 

 

原因のほとんどは 【 カット 】 です!!

 

 

 

 

※ なぜカットが原因なのか!?

デジタルパーマを失敗された

 

 

 様々な失敗がありますがまとめると

 

「 かからなかった 」 「 かかり過ぎた 」 「 ダメージが出た 」

 

この3つに分類されると思います。

 

 

 

 

少ないダメージでデジタルパーマをかけるには

 

《 ダメージの少ない刺激の弱い薬剤 》  《 低温 》

 

このが2つがパーマ施術では ” 絶対条件 ”

 

 

これはデジタルパーマの知識がある美容師なら知っている事。

 

 

2つの ” 絶対条件 ” を知っていても失敗するのは

パーマをかけるベースのカットが原因だからです。

 

 

 

いくつか例を挙げてみると

 

 

◆ パーマがかからなかった場合

 

この場合予想されるのは 「 かかりにくい髪質 」 ということ。

 

「 かかりにくい髪質 」 は確かにあります。

 

しかし 「 かからない髪質 」 はありません。

 

 

 

〇 「 かかりにくい髪質 」 の場合

 

 

多くの美容師は 《 強い薬剤 》 を選択します。

 

それでは ” 絶対条件 ” から外れてしまいダメージが出て失敗します。

 

 

 

では何を変えるか・・・ 《 カット 》 です。

 

「 かかりにくい髪質をかかりやすくカットでベースを作る 」 

 

これで ” 絶対条件 ” から外れずデジタルパーマがかけられます。

 

 

 

 

◆ パーマがかかり過ぎた場合

 

この場合予想されるのは2つ

「 かかりやすい髪質 」  「 ダメージを受けやすい状態 」 ということ。

 

 

〇 「 かかりやすい髪質 」 の場合

 

 

この場合 ” 絶対条件 ” を守れば大丈夫です。

 

 

それでも失敗した場合は

 

「 カットでダメージを受けやすい状態にされた 」 

 

ということ。

 

 

 

〇 カット前から 「 ダメージを受けやすい状態 」 の場合

 

 

例えば

・カラーやパーマを繰り返ししている方

 

 

この場合、髪の状態にもよりますが

” 絶対条件 ” から外れたら間違いなく失敗します。

 

” 絶対条件 ” を守っても状態によっては失敗します。

 

 

そこで大事なのがやはり 《 カット 》

 

 

 

「 ダメージを受けやすい状態 」 なのであれば

 

「 ダメージを受けにくくカットでベースを作る 」

 

ことが重要です。

 

 

 

この状態を作れれば 「 ダメージを受けやすい状態 」 でも

 

失敗もなく、少ないダメージでデジタルパーマがかけられます。

 

 

 

Luciroのカットは他店と全く異なるカットで髪のベースを作るため

ダメージが最小限でデジタルパーマの失敗がありません。

 

 

 

 

※ パーマを失敗しないカットとは!?

デジタルパーマを失敗された

 

 

 

 上記のようにデジタルパーマを失敗するのは

パーマをかける前の髪のベースが悪いのが問題です。 

 

 

カットで失敗しないようにベースを作ってしまえば問題ありません。

 

 

 

◆ 髪のベースが悪いとはどのような状態か!?

 

 

悪い状態の例

 

・ レイヤー ( 段 ) が入り過ぎ

 

・ 毛先だけ軽い

 

・ 全体的に重い

 

・ ごわつき、パサつきなどダメージがある

 

・ 広がってまとまりが悪い

 

 

このような状態。

 

 

今ではありふれている 《 すきバサミ 》 を使ったカット、

《 すきバサミ 》 を使うと上記のように悪い状態になる危険があります。

 

 

《 すきバサミ 》 はハサミを入れたところから軽くなる

という便利なハサミではありますが

便利だと感じるのは使う美容師だけですよね ・・・ ?

 

 

ハサミを入れたところから軽くなるということは

量感のバランスがバラバラになるということ。

 

 

 

分かりやすい例を挙げると

 

「 1回で50%量が取れるすきバサミ 」 を髪の中間で1回使うと

 

根元から中間まで毛量 100%

 

中間から毛先まで毛量  50%

 

という状態が出来上がります。

 

 

もちろん1回使っただけでは終わりませんよね!?

 

 

 

なのですきバサミを何回も使うと全体の毛量バランスは

 

「 根元から中間まで100% 、 毛先だけスカスカ 」

 

という状態が出来ます。

 

 

 

この状態でパーマをかけると間違いなく失敗します。

 

 

 

 

逆にすきバサミを使わず軽さを出さない場合パーマをかけても

 

・ かからない

 

・ かかりが弱い

 

・ すぐに取れる

 

 

という失敗があります。

 

 

 

だから美容師はかかりを良くしようとすきバサミで軽くするんです。

 

 

どちらにせよ 《 すきバサミ 》 を使えば

失敗のリスクは上がるだけですが ・・・ 。

 

 

 

◆ Luciroはすきバサミを一切使いません ◆

 

 

使わないからと言って軽くしない訳ではありません。

 

ハサミだけで細かく適切な量感のバランスを作っていきます。

 

 

そのため根元から毛先ににかけて

バランス良く均一に軽さがある良いベースが作れます。

 

 

良い状態のベースであれば

髪はしなやかに動いてまとまり、ツヤがあって

ブラシを使ってブローしなくてもハンドドライで綺麗にまとまります。

 

 

 

この状態までカットで作っておけば

デジタルパーマは絶対失敗しません!!

 

 

 

Luciroのカットは

 

「 髪質 」 「 骨格 」 「 顔型 」 「 顔のパーツ 」

「 クセ 」 「 毛量 」 「 全身のバランス 」 

更に 「 普段のスタイリング方法 」 「 ライフスタイル 」

 

に合わせてカットを変えていきます。

 

そのため様々なお悩みにも対応が可能です。

 

 

 

 

⇒⇒ 『 Luciroカット 』 の詳細はこちらからご覧になれます

 

 

 

 

カットで髪質は変えられます。

 

正しいカットで解決出来るお悩みはたくさんあります。

 

 

必ず違いを実感出来ると思いますので是非1度体験してみてください

 

 

 

* 実際にご来店して頂いたお客様からの口コミです。

 

* 高評価で疑われることがありますがリアルな口コミです。

 

デジタルパーマを失敗された

 

 

 

 

 

その他の 『 口コミ 』 はこちらから!!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

〇 実際にお客様からいただいた口コミ 〇

 

 

 

Luciro  MENU & PRICE

 

 

新規のお客様は全施術料金より20%OFFさせていただいています!


Luciroのweb予約は24時間受け付けております♪

お気軽にお問い合わせください♪

 

投稿者: ヤマダテ ユウスケ

2017.11.18更新

【ショートまで切らなきゃいけないの!?】脱縮毛矯正のブログはショートカットばかり。技術次第ではロングでも縮毛矯正をやめることは可能!!

 

 

「 縮毛矯正をやめたい! 」

「 縮毛矯正をやめて地毛に戻したい 」

「 縮毛矯正をやめてパーマをかけてみたい 」

「 ショートカットにしないで縮毛矯正をやめたい 」

「 ロングのままくせ毛をいかしたい 」

 

 

などくせ毛の方や多毛の方で縮毛矯正かけている方のお悩みは

 

《 脱縮毛矯正!! 》  《 縮毛矯正をやめたい!! 》

 

ということ。

 

 縮毛矯正をやめたい!!

 

* これは実際にLuciroにご来店頂いたお客様からの口コミです。

 

* 高評価が多く疑われることがありますが全てリアルな口コミです 笑

 

 

 

ご来店いただいたお客様からの 『 口コミ 』 はこちらから!!

 

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

〇 実際にお客様からいただいた口コミ 〇

 

 

 

 

縮毛矯正をいずれはやめたいと思っている方がほとんどだと思います。

 

 

しかし縮毛矯正がなければ

自分のクセは絶対扱えないと思う方もほとんどだと思います。

 

 

上記の口コミを下さった方も長年縮毛矯正を定期的にかけていて

縮毛矯正をやめることは不可能だと思っていた方です。

 

 

 

 

【 くせ毛カットが得意 ・ くせ毛専門 】

【 縮毛矯正をやめたい ・ 脱縮毛矯正 】

 

 

と謳っている美容師の

「 縮毛矯正をやめた方のクセを活かした髪型 」

のブログ等を見ると

 

 

「 ショートカット 」 「 スタイリングバッチリ 」

 

 

もしくは

 

 

「 すごーくナチュラルに縮毛矯正をかけてクセをなじませている 」

 

 

のがほとんどです。

 

 

 

実際くせ毛の方は

 

「 ショートカットしか出来ない! 」 のか!?

 

「 クセを活かせず縮毛矯正しか出来ない! 」 のか!?

 

「 クセを押さえつける事しか出来ない! 」 のか!?

 

 

 

そんなことありません!!

 

 

 

不可能と思っていても実は

 

技術次第で可能なこと

 

かもしれません!!

 

 

 

 

※ 縮毛矯正をやめる方法!!

 縮毛矯正をやめる

 

 

 

クセの事を考えずにただ真っすぐになるように縮毛矯正をしていたら

縮毛矯正をやめることは不可能です。

 

 

 

縮毛矯正をやめるということは自分のクセを活かした髪型にしなければなりません。

 

つまり縮毛矯正をかけている部分を無くさなくてはいけません。

 

 

 

1つの方法としては

 

縮毛矯正を我慢してクセの部分がある程度伸びて来たらバッサリ切る!!

 

という方法が挙げられます。

 

 

 

くせ毛のカットが得意という美容師ならこれを提案する方もいると思います。

 

 

 

ここの方法での問題が3つ

 

 

① 縮毛矯正を長期間我慢する

 

② バッサリショートカットにしなければならない

 

③ 本当にクセを活かすカットが出来るのか

 

 

 

この3つが問題になります。

 

 

縮毛矯正かけ続けていたところから

いきなりクセを活かしたショートにするのって

かなり不安ですよね!?

 

 

縮毛矯正をかけている方のほとんどがボブ~ロングの方だと思います。

 

なかにはショートカット経験したことがない方もいらっしゃるのではないでしょうか??

 

 

 

 

例えば

 

縮毛矯正を定期的にかけているロングヘアーで

縮毛矯正をこの方法でやめるとなると・・・・

 

 

◆ ショートヘアーが作れる長さまで縮毛矯正我慢して伸ばす

 

* 縮毛矯正をずっとかけていたところはストレートで

伸ばし始めたところはクセでうねりが出てる状態

 

 この状態って縮毛矯正をかけ続けていた方にとっては苦痛ですよね!?

 

帽子をかぶるか、髪を結び続けるか・・・・・

 

どの方法をしてもオシャレな状態を維持するのは難しく思います。

 

 

 

◆ 我慢して伸ばしていざばっさりカット

 

* 信頼出来る美容師の方がいればいいですが

初めてのところとなると本当にクセを活かしたカットが出来るか不安ですよね?

 

 

 

万が一失敗してパサパサで広がる髪型になってしまったら取り返しがつきません。

 

 

 

 

上記のようにこの方法には我慢して耐える時間や様々な不安要素があります。

 

 

 

しかしLuciroでは

 

 

ばっさりショートヘアにせずに縮毛矯正をやめることが可能です*

 

 

最初に載せた口コミを書いて下さった方は

バッサリ切らずにロングをキープしたまま縮毛矯正をやめた方です**

 

 

 

そのLuciroでの方法というのが

 

【 カットでクセを扱えるようにする 】

【 クセになじむようにパーマをかける 】

 

という方法。

 

 

パーマは簡単なように感じるかもしれませんが

縮毛矯正をかけ続けた髪にパーマをかけるのは難しく大きなリスクを伴います。

 

 

しかしLuciroでは可能です!!

 

 

 

※ Luciroのショートにしなくても縮毛矯正をやめる技術とは!?

 縮毛矯正をやめる

 

 

 

Luciroで縮毛矯正をやめるにはいくつか方法があります。

 

 

◆ カットだけでクセを扱いやすくして縮毛矯正をやめる

 

◆ トリートメントやヘッドスパなどのヘアケアと

  カットでクセを扱いやすくして縮毛矯正をやめる

 

◆ クセになじむようにデジタルパーマをかけて縮毛矯正をやめる

 

 

など。

 

 

これは

「 クセの強さ 」 「 髪の状態 」 「 以前かけられた縮毛矯正の強さ 」

など様々な条件で変わります。

 

 

Luciroのカットは他店と全く違う切り方をするので

 

カットだけで縮毛矯正をかける必要がなくなった!!

 

という方も多くいらっしゃいます*

 

 

今から紹介するのは

 

「 クセとは全くなじんでいない縮毛矯正がかかっている方 」

 

 

縮毛矯正がかかっている方の多くはこの状態だと思います。

 

 

上記でも書いた様に

縮毛矯正をやめるには自分のクセを活かした髪型にしなければなりません。

 

 

なので縮毛矯正がかかっている部分は自分のクセとはなじまないので

違和感がある髪型になってしまいます。

 

 

 

大事なのはすでにかかっている縮毛矯正を無くすこと。

 

 

ただし縮毛矯正はかけたら半永久的に残るため

自然になくなることはありません。

 

 

そこで必要なのが 【 パーマ 】

 

 

縮毛矯正がかかった髪には普通にパーマはかかりませんので

相性がいい 【 デジタルパーマ 】 を

クセのところと縮毛矯正がかかっている部分をなじませるためにかけます。

 

 

 

すると

 

【 根元は自分のクセ 】  【 毛先はデジタルパーマ 】

 

ということになります。

 

この状態が作れれば縮毛矯正をやめることが出来ます!!

 

 

しかし

 

 

縮毛矯正がかかった髪にパーマは大変リスキーです・・・ 。

 

 

 

ポイントとなるのが2つ!!

 

 

① ( クセを見極めたカット )

 

 

Luciroのオリジナルの 【 Luciroカット 】 は

 

 

" いいクセ " を見極めて残し " 悪いクセ " は直す

 

 

ことが可能 。

 

 

「 くせ毛を改善する事 」 「 髪を柔らかくすること 」 「 髪質を改善する事 」

 

など様々なお悩みに対応することが出来ます!!

 

 

⇒⇒ 『 Luciroカット 』 の詳細はこちらからもご覧になれます

 

 

 

 

 

② ( デジタルパーマの薬剤知識と温度設定 )

 

 

Luciroのデジタルパーマはカットと組み合わせることで

 

” ダメージ少ない刺激の弱い薬 ”   ” 低温 ”

 

でかけることが可能 。

 

 

なかにはデジタルパーマに悪い印象をお持ちの方もいらっしゃると思います。

 

・ ダメージが大きくパサパサになる

・ かかり過ぎる 、 かからない

・ すぐに取れる

 

など

 

 

 

それらの原因は 

 

《 カット 》 《 薬剤設定 》 《 温度設定 》

 

が原因です。

 

 

 

Luciroではお客様の髪質、クセ、状態に合わせて

 

ダメージが出ないように 、 しっかりかかるように、

長持ちするように 、 広がらないように 、、、

 

《 カット 》 をして 《 薬剤設定 》 を変えて 《 温度設定 》 をします。

 

 

 

 

デジタルパーマをかける方法にも問題は1つあります。

 

 

それは

 

「 前回までのカットのベースの状態によって変わる 」

 

ということ。

 

 

Luciroのカットは他店と全く異なる髪のベースを作るため

縮毛矯正のかかった髪にも綺麗にパーマがかけられます。

 

 

 

そのため

 

前回のカットですきバサミやレザーを使ってスカスカ状態

 

になってしまっていたり、

 

前回までの縮毛矯正のダメージが大きく危険な状態

 

の場合はベースが整うまで時間がかかってしまいます。

 

 

 

上記の場合でも

Luciroでカットを重ねるごとにベースが整い

確実に髪がいい状態になってきます。

 

 

ベースが整ってしまえばあとはクセになじむように

デジタルパーマをかけるだけです。

 

 

そうすれば長年悩んでいた縮毛矯正は

 

ロングでもセミロングでもボブでも抜け出すことが可能です*

 

 

 

 


実際Luciroのお客様で

 

縮毛矯正を2~3ヶ月に1度、年間5~6回かけていた方が、

 

Luciroにご来店頂くようになってからは

 

カットだけで縮毛矯正をやめれた方や、

くせに馴染むようにパーマをかけることで縮毛矯正をやめれた

 

という方がたくさんいらっしゃいます。

 

 

 

 

このように縮毛矯正を本当にやめることが出来るのは

 

 

「 お客様の髪質、クセ、状態に合わせたカット 」

「 ダメージが少なくクセを扱いやすくするデジタルパーマ 」

 

 

の技術を持つLuciroだからこそ出来ます。

 

 縮毛矯正を本当にやめたい方、是非Luciroにご相談ください*

 

 

 

実際にご来店して頂いたお客様からの口コミです *

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

〇 実際にお客様からいただいた口コミ 〇

 

 

 

Luciro  MENU & PRICE

 

 

新規のお客様は全施術料金より20%OFFさせていただいています!


Luciroのweb予約は24時間受け付けております♪

お気軽にお問い合わせください♪

 

投稿者: ヤマダテ ユウスケ

facebookスタッフブログ